ワキガの原因と対処法|ワキガ原因リサーチ隊

ワキガとは、思春期などに腋の下から
独特のにおいを発するようになる場合をいいます。

 

わきを匂う女性

 

においが強い場合やきつい場合は、腋臭症といいます。
ワキガの原因としては、腋の下にあるアポクリン汗腺です。
アポクリン汗腺は、腋の下、乳暈、外陰部などにあるものです。

 

思春期になると、このアポクリン汗腺が
性ホルモンの影響を受けて活発に分泌されるようになるのです。

このアポクリン汗腺から分泌される汗には
たくさんのたんぱく成分が含まれています。

 

分泌された汗は、分泌直後にはにおうことはありません。

しかし、細菌により分解されることによって
においを発するようになってしまうのです。

 

このように、汗がにおう体質というのは
遺伝しやすいと言われています。

 

思春期の第二次性徴が現れる時期から、
症状は現れやすいです。そのまま放っておくと
においはどんどんきつくなりますし、

洋服の腋の部分は黄色く変色してきてしまいます。

 

病院でのワキガの検査方法としては、
腋の汗のにおいを嗅ぐことによって、
すぐに診断してもらうことができます。

病院では、治療方法もあります。

制汗剤である、塩化ベンザルコニウム液や
塩化アルミニウム液による外用治療となります。

 

それでもにおいが強く取れない場合は、
手術によってアポクリン汗腺を切除してしまうのです。

 

しかし、自分でできることもあります。
においに気が付いたら、シャワーを浴びたり
下着をきれいなものに替えたりして清潔を心がけます。

 

また、腋の毛を脱毛すると
においも抑えられると言われています。

 

 

多汗症にお悩みの方はこちらのページも参考になると思います。
手汗を止める方法対策室

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>